〒136-0073 東京都江東区北砂2-17-1アリオ北砂3F
都営新宿線 西大島駅徒歩9分 都営バス北砂三丁目バス停下車徒歩3分

03-6666-4618
ご予約・お問い合わせ

  1. ネット予約

  2. 03-6666-4618
診療案内
Medical guide

根管治療

歯を残すために大事な根管治療

根管治療とはいわゆる「根の治療」のことで、歯の中心部にある歯髄腔(しずいくう)と根管(こんかん)の部分の治療のことをいいます。

「根管治療」という言葉は、あまり聞きなれない言葉かもしれません。ですが、虫歯治療と同様に歯医者で日常的に行われている治療の一つです。
一旦虫歯が神経に達してしまうと、神経を取り除き、内部を消毒するという根管治療をしなければならなくなります。でも、この根管治療を行うことによって、細菌感染で大きなダメージを受けた歯を生かし、また噛めるようにすることができるのです。

根管治療が必要になる主な原因

どんな時に根管治療をするの?

根管治療が必要になる原因としては主に次のようなものが挙げられます。

根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)

根尖性歯周炎

根尖性歯周炎とは、歯根の先端部分に膿がたまっている状態のことです。

過去に神経を取った歯の内部に細菌感染が起こると、歯根先端に膿だまりができます。この膿だまりは強い痛みを出したり、歯の周囲の骨を溶かしてしまうため、大元の原因である根管治療(感染根管治療)が必要になります。

歯の外傷

歯の外傷

歯を強くぶつけるなど、大きな外力がかかった場合に、歯の神経が死んでしまうことがあります。そうすると、のちに歯の変色、痛み、歯茎の腫れというような症状として現れることがあります。

また他の歯の治療の際、偶然レントゲンで歯根の先端に膿だまりが写り込む場合もあります。
このような場合には根管治療を行います。

歯の破折

歯の破折

歯をぶつけて歯が折れ、神経が露出した場合には神経を取り除く根管治療が必要です。

また、歯の破折は、歯ぎしりなどの強い噛み合わせの力で起こることもあり、「歯の亀裂」という形で現れることもあります。このような場合にも強い痛みの症状が出る場合には神経を取る処置が必要です。

根管治療の手順

通常、根管治療の手順は次のように進められます。

(1)神経または根管内の古い薬の除去

古い薬の除去

虫歯などで神経が炎症を起こしてしまっている場合、神経を取り除きます。

神経の治療済みの歯の場合で、歯根の周囲に膿がたまっている場合には、膿を歯根内部から排出させるために、内部に詰まっている古い薬を取り除きます。

(2)根管内部を器具で丁寧に清掃・消毒

清掃・消毒

根管内部の壁を、器具を使って丁寧に清掃します。清掃後は消毒の薬をつけ、仮の蓋をします。

(3)根管内部の消毒を繰り返す

消毒

痛みが落ち着くまで、また、内部から膿の排出がおさまるまで消毒、薬の交換を繰り返します。

(4)症状が落ち着いたら最終的な薬を詰める

薬を詰める

痛みや膿の排出が落ち着いたら、固形の最終的な薬を詰め、根管治療は終了です。

(5)かぶせ物の治療へ

かぶせ物の治療

根管治療後の症状が問題なければ、上にかぶせ物をする治療に入っていきます。

根管治療の回数や痛みについて

通常、根管治療の手順は次のように進められます。

回数について

根管治療はほとんどの場合、通常2回〜数回で終わります。しかし歯の状態があまり良くない場合や、根管内部の形態が複雑な場合には10回以上かかることもあります。

痛みについて

女性のイラスト

神経を取る場合には麻酔を十分に効かせてから治療しますので、通常は痛みを感じることはほとんどありませんが、神経の炎症が非常に強い場合には麻酔が効きにくい場合もあります。

神経がすでに入っていない歯の場合には、歯の内部の痛みを感じる神経はないため、通常は麻酔なしでも治療で痛みが出ることはありません。
しかし、神経の取り残しがある場合や、根の先端の炎症が強く起こっている場合には、歯が敏感になっていることもあるため、痛みを感じないように麻酔を使うこともあります。

なお、根管治療の後は、奥の膿が出て来ようとする圧によって痛みが出てくることがあります。そのような場合には鎮痛剤で落ち着くことが多いですが、痛みが辛い場合にはご連絡をください。

根管治療の成功率を上げるために当院が行なっていること

マイクロスコープで精密な根管治療

女性のイラスト

根管治療は歯科の治療の中でも最も難しい治療の一つで、実は一般的にそれほど成功率の高い治療ではありません。それは歯根の形が複雑であること、そして歯根の内部が見えにくいことが原因になっています。

当院では、マイクロスコープという手術顕微鏡を使うことで、根管内部を細部までよく見える状態にして治療を行なっています。これにより治療をより精密で確実に行うことができ、成功率をより高めることができます。

ニッケルチタンファイルの使用

当院では根管治療の際に使う器具として、通常広く用いられているステンレスファイルではなく、よりしなやかで根管治療を安全・確実に行うことのできるニッケルチタンファイルを使用しています。

また、ニッケルチタンファイルを使用することで、スムーズに根管内をきれいにできるので、治療回数を少なくすることができます。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  Google+  はてブ  pinterest 

^


ホーム

ネット予約

お問い合わせ