〒136-0073 東京都江東区北砂2-17-1アリオ北砂3F
都営新宿線 西大島駅徒歩9分 都営バス北砂三丁目バス停下車徒歩3分

03-6666-4618
ご予約・お問い合わせ

  1. ネット予約

  2. 03-6666-4618
診療案内
Medical guide

ホワイトニング

自分の歯の美しさを生かし、輝く白い歯に

歯の白さというのは、生活をしている限り、様々な原因で失われていきます。もともと白い歯が自慢だったのに、気がついたら歯の色がくすんでいた、という方も多いのではないでしょうか。白い歯はそれだけでハツラツとした印象、清潔感を与えてくれます。また、歯の色が白くなるだけで、見た目が若返る効果もあります。ホワイトニングで手軽に白い歯を手に入れませんか?

歯のホワイトニングとは

イラスト

歯のホワイトニングは、名前の通り「歯を白くする」治療法です。歯を白くする治療法にはいくつか方法がありますが、歯を削らずに、もしくは歯の表面に色を塗ることなく歯の色そのものを白く変えることができるのは歯のホワイトニングだけです。

歯のホワイトニングは専用のホワイトニングジェルを使って歯を白くしていきますが、使用するホワイトニングジェルは、歯にとって無害な材料を使用しています。歯の美しさが重視される欧米ではホワイトニングすることがもはや「当たり前」になってきていますが、日本でも年々人気が高まっています。

ホワイトニングはこんな方に適しています

加齢による黄ばみ

加齢による黄ばみ

もともと歯の表面を覆っているエナメル質は半透明で、見た目の歯の色を左右しているのは、エナメル質の内部にある象牙質の色です。この象牙質は黄色っぽい色をしていますが、加齢に伴い黄色味を増すこと、そしてだんだんとエナメル質が歯磨きや飲食物の酸で溶かされ薄くなっていくことで、歯の色は加齢に伴いだんだんと黄色っぽく見えるようになります。

飲食物・タバコによる外側からの着色

コーヒーを飲む女性

私たちが口にする飲み物や食べ物も歯の着色に大きく関わっています。紅茶やコーヒー赤ワインのような飲み物を毎日飲んでいる人、ケチャップやカレーライス、しょうゆなど色の濃いものを口にすることが多い人も歯に着色がつきやすくなります。もちろんタバコはヤニがつきますので、頑固な着色がつきます。

このような飲食物による着色はPMTCというクリーニングで除去することが可能なものではありますが、エナメル質の内部に入り込んでしまった着色成分はクリーニングで落としきれないことがあります。このような場合にホワイトニングは効果を発揮します。

薬物による軽度の変色

ラミネートベニア

子供の時に服用した薬物などの影響で、歯の色そのものが変色してしまうことがあります。代表的なものとしてテトラサイクリン歯というものがありますが、特徴として、グレーや茶色っぽい横向きの縞模様が歯全体に入ります。

テトラサイクリン歯の場合、重症度は人によって異なり、軽度のものであればホワイトニングでかなり自然な色合いに近づけることが可能です。

ただし、中等度〜重度のものはホワイトニングでは十分な効果が得られませんので、ラミネートベニアでの治療をオススメします。

当院で行なっているホワイトニングの種類

ホワイトニングは、早めに効果を出したい場合には歯科医院で、自分のペースで好きな時に行いたい方には自宅で施術していただくことができます。

オフィスホワイトニング(歯科医院で行う方法)

ホワイトニング剤

歯科医院にご来院いただき、高濃度のホワイトニングジェルを作用させて歯を白くしていきます。
1回の処置時間15分という短い時間で目に見える変化が期待できるので、早く効果を出したい方におすすめです。

個人差はありますが、3回ほどの施術でご希望の白さになることが多いです。

当院では、より透明感を出す効果に優れていて、しみるなどの不快症状を起こしにくいPOLA Office Plusというホワイトニングジェルをホワイトニング本場の海外より取り入れて使用しております。

ホームホワイトニング(ご家庭で行う方法)

お家でホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯科医院でホームホワイトニングに使用するオーダーメイドのマウストレーを作った後、ご家庭でホワイトニング薬剤をそのトレーに注入し、自分の好きなタイミングで歯を白くできる方法です。

ホームホワイトニングの薬剤は低濃度に抑えてありますので、万が一飲み込んだとしても心配はありません。自分のペースでできるので、なかなか歯医者に通えないという方にオススメです。

ホワイトニングで虫歯や歯周病予防の効果アップ

イラスト

ホワイトニングは施術中や施術後にしみる症状を起こすことがあります。ただし、これは一過性の症状で、その後は落ち着きます。このような症状を起こすので、ホワイトニングは歯にダメージを与えると思われがちですが、逆にホワイトニングは歯や歯茎にとってプラスの効果があることが最近わかってきました。

まず使用する薬剤に殺菌作用があり、虫歯菌や歯周病菌に対して効果的であること、そして、ホワイトニングを行なった後の歯の表面にペリクルという保護膜が一時的に消失しているので、そのタイミングでフッ素を塗布することで、虫歯に対する耐性が強まると考えられています。

ホワイトニングの美しさを保つためにオススメのリタッチ

イラスト

ホワイトニングは一旦白くなった後、また食事をすることでだんだんと色が後戻りを起こしてきます。

そのため、美しい白さを保つために、半年に1年ごとくらいに「リタッチ」という再ホワイトニングをおすすめしています。
詳しくはお尋ねください。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  Google+  はてブ  pinterest 

^


ホーム

ネット予約

お問い合わせ