〒136-0073 東京都江東区北砂2-17-1アリオ北砂3F
都営新宿線 西大島駅徒歩9分 都営バス北砂三丁目バス停下車徒歩3分

03-6666-4618
ご予約・お問い合わせ

  1. ネット予約

  2. 03-6666-4618
診療案内
Medical guide

入れ歯・ブリッジ

入れ歯(義歯)

しっかりと噛める入れ歯をお探しですか?

入れ歯は、歯を補う治療の中では最も長い歴史を持ち、何本歯が抜けても対応できる、柔軟性の高い治療法です。そのため、歯が抜けた際には最も多くの人に選ばれているとてもポピュラーな治療法でもあります。入れ歯は、「外れる」「よく噛めない」「違和感がひどい」というようなイメージを持たれることがありますが、近年ではそのようなデメリットを解決した様々な入れ歯が次々と開発されてきており、ずいぶん入れ歯のイメージも変わってきつつあります。当院でも従来の入れ歯の悩みを解決するような入れ歯を各種取り扱っています。

入れ歯の構造

入れ歯
入れ歯は肌のハリを内側から回復してくれる

入れ歯は、歯が抜けた際にその部分を補うことのできる治療法です。

入れ歯は、総入れ歯の場合だと、人工歯の部分、歯茎の部分から構成され、部分入れ歯の場合だと、それに加えて入れ歯を安定させるための金具がつきます(自費の入れ歯の場合にはつかないこともあります)。

入れ歯の歯茎の部分は、歯が失われて痩せてしまった歯茎や骨のボリュームを内側から回復してくれますので、入れ歯を装着することによって、見た目の若々しさを回復することができます。これは他の歯を補う方法にはできないことです。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

・保険の入れ歯

保険の入れ歯は、保険が適用されることから、リーズナブルな価格で作ることができます。部分入れ歯、総入れ歯があり、どのようなケース(歯の抜け方)にも対応でき、しっかりと機能回復をすることができます。また、修理が簡単に行えるというのもメリットです。しかし、使える材質が決まっているため、審美面(見た目)や快適さの面で満足が得られない場合もあります。より快適で、見た目の良い入れ歯をお望みの方は、自費の入れ歯を選ぶ方が満足のいく入れ歯が得られることでしょう。

・自費の入れ歯

自費の入れ歯は保険が適用され、高額にはなりますが、より良い材質や特殊な材料を使用し、より時間をかけた治療が行えるため、より一人一人に合った満足度の高いオーダーメイドの入れ歯にすることが可能になります。

当院で扱っている自費の入れ歯

金属床義歯
・金属床義歯

薄くて違和感が少なく、食べ物の温度をより感じたい方に
金属床(きんぞくしょう)義歯は、保険の入れ歯の場合だとプラスチックで作られる内側の部分を金属で製作している入れ歯のことです。プラスチックに比べて強度に優れるため、入れ歯の厚さを薄くすることができ、違和感を少なくすることができます。また、金属であるため、熱伝導性がよく、食べ物の温度をより感じことができるため、食事をより楽しむことができます。また、頑丈であるため、壊れにくいのも特長です。

ノンクラスプデンチャー
・ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯で歯にかかる金具をつけたくない方に
ノンクラスプデンチャーというのは、クラスプ(歯にかかる金具)を一切無くした部分入れ歯のことです。材質も保険の入れ歯とは異なるものを使用しており、薄くて弾力性に富むものを使っているため、金具がなくても部分入れ歯を安定させることができます。装着感も良く、見た目も自然で、歯茎を見せても入れ歯とわからないため、若い方にも非常に人気があります。

コンフォート義歯
・コンフォート義歯

外れにくい入れ歯、歯茎にソフトな入れ歯をご希望の方に
コンフォート義歯はその名の通りコンフォート(快適)な入れ歯なのが特徴です。通常入れ歯の材質は、プラスチックであっても金属であっても硬いものです。ですが、歯茎の内面にピッタリと合っていればしっかりと吸着しますし、痛みが起こることもありません。しかし、中にはどんなにピッタリ合っていても外れやすい方、また、痛みを感じやすい粘膜が敏感な方がいらっしゃいます。そのような方は、コンフォート義歯であれば、生体用シリコンが入れ歯の内面につきますので、吸着力が増し、粘膜に触れる部分が軟らかいため、痛みを感じることがなく、硬いものでもしっかりと噛めるようになります。

入れ歯も定期的に検診を受けましょう

女性のイラスト

入れ歯は人工のものなので、定期検診はいらないと思っている方もいるかもしれません。でも入れ歯も天然歯と同様、定期的なチェックが必要です。入れ歯は使っていくうちに、人工歯がすり減りますし、歯茎がやせてしまうことで、歯茎と入れ歯の間に隙間ができてしまうことがあります。つまり、だんだん合わなくなってきてしまうことがあるのです。

・合わない入れ歯を使い続けるとどうなる?
合わない入れ歯を使い続けていると、次のようなことが起こってきます。
  1. 顎の骨がますますやせてしまいます。
  2. 入れ歯と歯茎の間に食べ物がはさまり、痛みを感じるようになります。
  3. 顎の骨が痩せてしまうことで、顔にシワが増えていきます。
  4. 物が噛みにくくなり、消化吸収が悪くなったり、脳に刺激が伝わりづらく、認知症にかかるリスクが高まると言われています。

ブリッジ

1、2本の少数歯を失った場合に手軽にできる治療法

ブリッジ治療は歯を失った部分をおぎなうように、両隣にある歯を橋渡しするようにかぶせる固定式の治療法です。入れ歯と違う主な点としては、取り外し式ではなく固定式であることや、かぶせるために両隣の歯を削る必要がある、ということが挙げられます。入れ歯には入れ歯のメリット、ブリッジにはブリッジのメリットがありますが、歯を少数失った場合だと、部分入れ歯よりもブリッジの方が楽であるため、ブリッジを選ぶ人が圧倒的に多いと言えます。多数の歯を失った場合には、残った歯がない部分を支えきれないため、ブリッジにすることはできません。

保険のブリッジと自費のブリッジ

ブリッジ
・保険のブリッジ

<前歯の場合>
保険で作るブリッジは、前歯(犬歯まで)に関しては、硬質レジン前装冠ブリッジと呼ばれる、見た目が白いブリッジになります。保険で作れるのでリーズナブルなのも魅力です。ただし、これは金属のフレームの前面にだけ白いプラスチックを貼り付けている状態ですので、大きく口を開けて笑うと裏の金属が見えることもあります。見た目は最初の頃はある程度きれいになりますが、天然歯のような透明感はあまりなく、年数が経つにつれ黄ばんできます。また、金属を使用しているため、金属アレルギーを起こしたり、歯茎に金属イオンが着色を起こして歯茎が黒くなってしまうことがあります。

<奥歯の場合>
奥歯をブリッジにする場合は、すべて金属色のブリッジになります。それゆえ、外から見えやすい位置だと銀歯が目立ってしまいますし、金属アレルギーや歯茎の黒変のリスクもあります。

綺麗な歯並び
・自費のブリッジ

自費で作製するブリッジは、セラミックを材料として使うものがほとんどです。セラミックは体に害がありませんし、劣化しないため変色しない、虫歯の再発を起こしにくいという多くのメリットがあります。

前歯のような目立つ部分にはより審美性を優先したタイプ、奥歯のような力がかかる部分には壊れにくいように貴金属のフレームにセラミックを焼き付けるタイプ、というように様々なタイプのセラミックから選んでいただくことができます。

金属を使用しないメタルフリーのブリッジも可能です

女性のイラスト

一昔前までは、セラミックでブリッジを作る場合、メタルボンドと呼ばれる金属のフレームの上にセラミックを焼き付けるタイプのものでしか作ることができませんでした。ブリッジには強い力がかかるため、セラミックだけでは耐えきれず割れてしまうためです。

でも、最近では、ジルコニアという非常に硬いセラミックが登場してきたこともあり、全く金属を使わないブリッジを作ることが可能になってきました。金属アレルギーが気になるというような方には特におすすめです。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  Google+  はてブ  pinterest 

^


ホーム

ネット予約

お問い合わせ