〒136-0073 東京都江東区北砂2-17-1アリオ北砂3F
都営新宿線 西大島駅徒歩9分 都営バス北砂三丁目バス停下車徒歩3分

03-6666-4618
ご予約・お問い合わせ

  1. ネット予約

  2. 03-6666-4618
クリニック紹介
Clinic information

歯科治療を受けてコロナ感染することはありません

歯科治療を受けてコロナ感染することはありません

日本歯科医師会会長コメント
日本歯科医師会会長コメント

ぜひ、安心して歯の治療を受けてください

歯の治療を受けたいけど、新型コロナウイルスのリスクが心配・・・という方もいらっしゃるかもしれません。ですが、通常から感染対策をきちんと行っている歯科医院であれば、歯科治療が原因でコロナ感染が起こることはありません。

歯科医師は常日頃から感染対策を万全にしています

手洗いをする歯科医師

歯科医師は、常日頃から歯科治療における唾液や血液の飛沫から起こりうる肝炎やエイズなどの感染のリスクにさらされており、そのような感染症から身を防ぐよう、マスク、グローブ、ゴーグルの着用といった、徹底した対策を行っています。これは患者様に直接触れる歯科衛生士などのスタッフにおいても同様です。そのため、スタッフが患者様からコロナ感染を受けるということはまずありません。

スタッフ、他の患者様からの感染も起こさない対策をしています

マスクとゴーグル、グローブをする歯科医師、歯科衛生士

もし仮に、新型コロナウイルスを持っていて症状の出ていないスタッフや、患者様がいたとしても、そこで感染が起こるリスクはまずないといって良いでしょう。

歯科医師など、患者様に触れるスタッフは常にウイルスが移らない、移さない対策を徹底して行っていますし、他の患者様で仮にウイルスを持っている方を治療したとしても、患者様ごとに診療台の徹底した清掃・殺菌、器具類の徹底滅菌、ディスポーザブルの使用、空気清浄を行っておりますので、その場にウイルスが残ることはありません。

お口のケアによりウイルス感染リスクを下げることができます

歯科治療を受ける女性

近年の研究によると、お口のケアをしっかりと行っている人はウイルス感染を起こしにくくなるということがわかってきています。これはインフルエンザに関する研究によって明らかにされたもので、口腔ケアでお口の細菌をコントロールすることにより、ウイルスが体内の細胞に侵入しにくくなるというものです。特に歯周病菌はウイルスを体内に侵入させやすくする酵素を出すと言われています。ぜひ、こんな時こそ、しっかりとお口のケアをしておくことが大切です。

また、当院では予約制となっておりますので、通常、待合室に人が集まりすぎる状況はありません。空気の入れ替えなど、空気の管理も徹底して行っておりますのでご安心ください。歯科治療で危険が増す場合というのは、あくまでもその歯科医院が感染予防対策をしっかりと講じていない場合です。当院では常日頃より、最大限の感染予防対策を行っておりますので、ぜひ安心して歯の治療を受けにいらしてください。

歯科医院で懸念されるエアロゾルについて

コロナウイルスの感染経路は、「接触感染」と「飛沫感染」の2通りがあるとされています、空気感染ではありません。

エアロゾルによる飛沫感染に関しましては、皆様が歯科治療において特に懸念されることだと思います。歯科治療時に発生する水しぶきによって舞い上がるエアロゾルの7割は機械から出る水、残りの3割が削片や体液だとされています。従いまして、もしウイルスを持った方の治療をしたとしても、この中に含まれるウイルスの量は咳やくしゃみによって浮遊するウイルスに比べるとかなり少ない状態だと考えられます。

また、診療室では、治療時に発生する粉塵やエアロゾルから体を守るために、次亜塩素酸噴霧器、空気清浄機による換気や空気のコントールが常になされております。さらに、各チェアーに強力な吸引力を持った口腔外バキュームを設置しておりますので、粉塵やエアロゾルを確実に取り除き、患者様や術者がエアロゾルを吸入することを防ぐことができるのに加え、汚染範囲を狭い範囲に止めることができます。

落下したエアロゾルに対しましても、患者様ごとにチェアーを徹底清拭、殺菌しており、そこにウイルスが残ることもなく、接触感染のリスクもありませんので、どうぞご安心いただければと思います。

最後に、日本歯科医師会堀会長も報道番組で話していた通り、歯科医院で治療中に医療従事者ー患者間でコロナウィルスに感染した報告はありません。

第一種歯科感染管理施設

当院は第一種歯科感染管理施設として認定されております。

news 第一種歯科感染管理施設

ジョンズホプキンス大学が提供しているオンラインセミナー

ジョンズホプキンス大学が提供しているオンラインセミナーを修了しました。こちらのセミナーでは、感染期間、COVID-19の提示、およびそれがどのように伝染するかについての証拠を含めて説明されていました。歯科治療においても、取り入れるべき項目が網羅されておりましたので、当院へお越しの患者様へ安心となりますよう、院内環境を徹底させて頂きます。

ジョンズポプキンス大学提供の修了証書

ジョンズポプキンス大学提供

news zeroでも取り上げられました

報道番組のnews zeroで専門家の方が、歯科での感染リスクについて述べられています。

news zeroキャプチャー画面

三重県・滋賀県の歯科医院でクラスター発生のニュースについて

昨今ニュースになっております2医院でのクラスター発生についてですが、歯科治療中に患者さんから感染したのではなく、社員同士で感染したと思われます。患者さんと接するときはマスクやグローブで感染予防していても休憩時間や昼食時には外すのでその時に感染したのではないでしょうか。

1人の感染者から4人の同僚に感染したと書いてあるだけで、患者さんから感染したとか、患者さんに感染させたとかは書いていません。
同僚4人が感染しているなら、その時期に受診している患者さんから陽性反応が出てもおかしくないと思いますが、出ていない。この感染経路は簡単に辿れるはずです。

その衛生士達も歯石取りはしていたでしょう、でも滋賀での感染者に受診者が出ていないのであれば、歯科治療で治療する人がマスクやグローブ等で感染防御していればたとえ感染者が治療したとしても、患者さんには感染しない。と考えられませんか?

歯医者のバックヤードで感染したことや大津市役所でもクラスターが発生していることを考えると、マスクやグローブをしない一般的な会社である、事務所やオフィスの方が感染リスクが高いのではないでしょうか。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  Google+  はてブ  pinterest 

^


ホーム

ネット予約

お問い合わせ