〒136-0073 東京都江東区北砂2-17-1アリオ北砂3F
都営新宿線 西大島駅徒歩9分 都営バス北砂三丁目バス停下車徒歩3分

03-6666-4618
ご予約・お問い合わせ

  1. ネット予約

  2. 03-6666-4618
診療案内
Medical guide

インプラントの寿命

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. 骨が少ない時のインプラント
  4. インプラントの寿命は?
  5. 入れ歯やブリッジとの比較
  6. インプラント治療後のアフターケア
  7. 静脈内鎮静法
  8. このような方にオススメ
  9. インプラント手術の流れ
  10. 光機能化インプラント

インプラントの寿命は?

一度インプラント治療を行ったら、メンテナンスは必要なのか。それとも生涯にわたって長持ちするのか。こちらのページではインプラントの寿命について詳しくご紹介いたします。

インプラントは半永久的?

インプラント

インプラントは、基本的に「半永久的に持つ」とされていますが、術後のケアや状況によっても若干変わってきます。

ただし、ブリッジや入れ歯に比べてば、一般的に圧倒的に長い対応年数を持っているといわれています。インプラントとよく比較される、入れ歯やブリッジの耐久年数は、入れ歯が5年、ブリッジが7年とされています。

それに比べて、インプラントの場合、優れた環境で治療した場合には40年以上の対応年数となっているため、『寿命』という観点から考えれば、いかに優れているかは一目瞭然です。

入れ歯やブリッジと比較すると…

インプラントは、入れ歯やブリッジに比べて高い成功率であることも知られています。

入れ歯やブリッジは術後、10年では40~70パーセント程度しか、歯が残らないことに対して、インプラントは90~95パーセント程度の成功率となっているなど、長期的な安定感ということでは、抜群な治療法といえます。

寿命が安定しないケース

歯みがき

インプラントの『寿命』についても、すべてのケースで長期間の対応年数となるとは限らず、次のようなケースで変動します。

  1. ● インプラントを埋入する顎の骨の状態
  2. ● 歯科医師、技工士の技術的な問題や最適化の問題
  3. ● 食生活・日常生活でのアフターケア
  4. ● 感染症や術後の生活習慣病など持病の発生によるリスクの変動

上記の理由によって、必ずしもインプラントの『寿命』は安定しておらず、状況によっては、変動する可能性があることを押さえておくことが必要となります。出来るだけインプラントが長い対応年数となるようにするためには、術後の定期検診や日ごろのブラッシングやケアなどを十分にするなど、日々の健康管理に力を入れることが求められるといえます。

当院のインプラント治療
  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. 骨が少ない時のインプラント
  4. インプラントの寿命は?
  5. 入れ歯やブリッジとの比較
  6. インプラント治療後のアフターケア
  7. 静脈内鎮静法
  8. このような方にオススメ
  9. インプラント手術の流れ
  10. 光機能化インプラント
このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  Google+  はてブ  pinterest 

^


ホーム

ネット予約

お問い合わせ