2018年06月15日 (金) 

子供の歯がぐらついた!生え変わり完了までの期間や注意したいトラブルは?

子供の歯がやっと生えそろったと思ったら、もう生え変わりの年頃に…!子供の成長は早いものですよね。乳歯から永久歯に生え変わる期間、子供の歯がぐらついていたり乳歯が抜けてもなかなか永久歯が生えてこなかったりと心配事も増えてしまいます。今回は、子供の歯について特に気になる、歯の抜け初めから生え変わりが完了するまでの期間に気を付けたいこと、予想されるトラブルについて池田歯科がご説明します。

続きを読む…

2018年06月1日 (金) 

若くても歯が抜ける原因「歯周病」について

歯周病は、日常生活において高齢者だけがなり得る病気ではありません。今や若い方にも増えているということをご存知ですか?ここでは、若くても歯が抜ける原因となる歯周病について池田歯科がご説明したいと思います。

続きを読む…

2018年05月15日 (火) 

歯が抜けると認知症リスクが高くなる?残存歯のために知っておきたいこと

「歯が抜けると認知症の発症リスクが高くなる」と聞いて、納得できる方はそう多くないと思います。それは、歯が抜けるのは歯の病気、認知症は脳の病気と、それぞれを分けて考えているからでしょう。

しかし、歯と脳は密接に関係しているのです。
例えば、歯が痛むのは歯の神経が刺激されているからなのですが、体内のすべての神経は脳につながっています。それこそ、「歯がしみる」という現象は簡単に起きますよね。それくらい、歯は神経と接近しているのです。

そこで今回は池田歯科が、歯が抜けると認知症リスクが高くなる仕組みと、残っている歯のためにしていただきたいことを紹介します。

続きを読む…

2018年05月1日 (火) 

着色汚れはイメージダウン!芸能人のような白い歯で第一印象が変わる!

いつも可愛いと思っているあの人や大好きな芸能人など、笑った際には綺麗な白い歯をしている人が多いのではないでしょうか。歯の色がくすんでいると、笑顔もなんだか映えません。歯の美しさは、それだけ美容と深く関わりがあるものなのです。美しい歯といえば、もちろん「綺麗な白い歯」が思い浮かびますよね。今回は、そんなホワイトニングについて池田歯科がご紹介して行きたいと思います。

続きを読む…

2018年04月15日 (日) 

「よく噛む」ことが高齢者の認知症予防に繋がる

多くの歯医者の研究によって、口の中の状態と高齢者の健康が密接に関係していることが分かってきました。口の中や歯の状態を良好に保つと、お年寄りはますます元気になるのです。
こうした研究成果の1つに、「よく噛むことが高齢者の認知症を予防する」という発見があります。
認知症は脳の働きと関係しているのですが、噛むという動きが脳に良い影響を及ぼすというのです。池田歯科と一緒に詳しく見ていきましょう。

続きを読む…

2018年04月1日 (日) 

放置は危険?!詰め物が取れたときの正しい応急処置

虫歯の治療などで、歯に「詰め物」をすることがあります。この詰め物はそう簡単に取れることはないのですが、食事や事故などを原因として取れてしまうこともあります。取れてしまった詰め物は、放置していると非常に危険なのです。そこで、詰め物が取れたときの正しい応急処置について池田歯科が解説します。

続きを読む…

2018年03月15日 (木) 

歯のトラブルを避けるには親知らずは抜いたほうがいい?

20歳前後に生えてきて親も知らないから親知らずと呼ばれているのが第三大臼歯です。親知らずと皆さん読んでいますよね。親知らずが生えてきた患者さんの多くは抜いていると思います。その理由は痛かったから。成人して顎の骨も成長が止まり、歯茎も完成していたのにもかかわらず親知らずは歯茎を裂いて生えてきます。これが痛いのなんのと思っている方、間違いです。

親知らずは生えてくるときに細菌感染していることが多いので痛くなるのです。
今回は池田歯科が、そんな親知らずの歯のトラブルと親知らずがみなさんを救ってくれることもあるという可能性の話をしていきます。

続きを読む…

2018年03月1日 (木) 

全国のお母さん必見!歯磨き嫌いの子どもが歯磨きを好きになるコツ!

寝る前に歯を磨こうとしても、嫌がって逃げしてしまうお子さんは少なくないです。でも磨き残しがあると虫歯の原因になってしまうため、何とかしてきれいに歯を磨きたいと考えるお母さんは多いのではないでしょうか?
ここではお子さんが虫歯知らずの健康な歯をキープするために、歯磨きを好きになるコツについて池田歯科がお話ししていきます。

続きを読む…

2018年02月15日 (木) 

よく噛むことがオーラルケアに!お口の健康に良い食べ物は?

小さい頃、「食事はよく噛んでね!」と言われた記憶はありませんか?「30回噛んでから飲み込みましょう」といいますが、これは実際やってみるとなかなか大変でしょう。昔に比べて柔らかい食事が多くなり、自然と噛む回数も減少している傾向にあります。噛むことが少なくなってくると、顎も周りの筋肉も弱くなり、咀嚼力がどんどん弱くなってしまいます。昔からよく言われている「よく噛む」ということは、どのような効果があると思いますか?池田歯科と見ていきましょう。

続きを読む…

2018年02月1日 (木) 

歯槽膿漏対策は歯周ポケットのケアが重要でした!

歯槽膿漏は、最近テレビや雑誌などに登場している「歯周病」と同じ意味の病気で、進行すると歯が抜けてしまいます。そんな歯槽膿漏を予防するときに大切なのは、歯周ポケットだということを知っていますか?そこで今回は、歯周ポケットの意味から歯槽膿漏の症状・そして対策や予防法まで、池田歯科がご紹介していきます。

続きを読む…

1 / 712345...最後 »
お問い合わせ
池田会コラム
18年06月15日
18年06月01日
歯周病は、日常生活において高齢者だけがな...続きを読む
18年05月15日

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP