インプラント治療後のアフターケア

インプラント治療について詳しく見る

インプラント治療が終わった後、アフターケアを行うことも大切です。こちらのページではインプラント治療後のメンテナンスについて詳しくご紹介いたします。

インプラント治療後のアフターケア

インプラントを一生使い続けるために

インプラント治療を受ければ、しっかり噛むことができる「自分の歯」が手に入ります。もちろん人工物のため虫歯にはなりません。だからといってメインテナンスを怠ると……インプラント自体を失ってしまうこともあるのです。特に「インプラント歯周炎」には注意が必要です。

インプラント歯周炎

インプラント歯周炎

治療後に適切なメインテナンスをしていないと、インプラントの歯周病である「インプラント歯周炎」にかかってしまうことがあります。インプラント歯周炎にかかると、インプラントが埋め込まれている歯茎や顎の骨が傷んでいきます。そのまま放置しておくと、最終的にはインプラントが抜け落ちてしまうのです。新しい歯を一生使い続けていくためにも、ご自宅でのケアと歯科医院での定期検診は欠かせません。

ホームケア

毎日の歯磨き
ホームケアでもっとも重要なのは、毎日の歯磨きです。毎日の生活の中で少しずつ溜まっていくプラーク(歯垢)を丁寧に除去しましょう。プラークが溜まりやすい歯の間や奥歯、歯と歯茎の境目は特に念入りに磨きましょう。

プロケア

PMTC
PMTCとは、歯科医院で行う歯のクリーニングのことです。ご自宅での歯磨きでは届かないところや落ちない汚れを専用機器できれいに除去します。虫歯・歯周病を予防したい、矯正装置がある、歯にざらつきがあるといった方におすすめです。

プロケア

定期検診

GBR(骨再生)

インプラントを長く使っていくためには、良好な口内環境が必要不可欠です。口内が不衛生だと、インプラントの脱落という事態を引き起こしかねません。インプラントは人工物のため神経がなく、そのため感染が起こっても気づきにくいのです。インプラントがグラついてきたり、膿が出たりしてはじめて異常に気づくのですが、こうなってしまってからでは手遅れです。

生涯、インプラントを維持していくために、治療後の定期検診は欠かせません。良好な口内環境を保つためには、3~6ヶ月ごとに定期検診を受け、インプラントの清掃状態や歯茎の様子をチェックしましょう。

お問い合わせ
PAGE
TOP