2018年07月15日 (日) 

ホワイトニングした白い歯を長持ちさせるアフターケア!

真っ白できれいな歯になれるホワイトニング。施術するからにはできる限り長く、白くきれいな歯を保ちたいですよね。ホワイトニング後の歯をきれいに保つには、アフターケアがとても大切です。セルフケアの歯磨きからプロのクリーニングまで、ホワイトニング施術後のアフターケアについて池田歯科がご紹介します。

基本中の基本!丁寧な歯磨き

基本中の基本!丁寧な歯磨き

毎食後の歯磨きはきちんとできていますか?毎日のセルフケアとして基本であるのが歯磨きです。食事をした後はなるべく早く歯を磨きましょう。食べ物や飲み物の色素は、時間が経つにつれて歯の表面に固まって沈着していきます。しっかりと歯磨きができていれば、一時的な着色であれば取ることができます。汚れは早いうちに落とすことが大切です。
しかし、単純に歯磨きといっても、正しくきれいに磨けている方は意外と少ないものです。「正しく歯磨きできていると思いますか?」と聞かれて、自信をもって首を縦に振ることができる方は少ないのではないでしょうか。毎日歯磨きをすることはもちろん大切なのですが、“正しい”歯磨きをすることはさらに大切です。折角丁寧に磨いていても、方法が間違っていたら十分な効果は得られません。正しい歯の磨き方については、歯医者さんで指導を受けることができます。歯科衛生士さんが丁寧に実践を交えながらレクチャーしてくれるので、定期健診の際にぜひ指導を受けてみてください。

食べ物や飲み物に注意する

完璧な歯磨きはなかなか難しいものです。きちんと歯磨きをしていても歯垢が溜まってしまうように、色素沈着を防ぐことが難しいこともあります。また、外出中などどうしても食後すぐに歯磨きができない時もありますよね。それならば、口にするものに気を付けるしかありません。

■コーヒーや紅茶
コーヒーや紅茶を入れたカップを置いたままにしておくと、茶渋がついて洗う時に大変なことがありますよね。カップに茶渋がつくということは、それだけ着色汚れがつきやすいということです。よくコーヒーや紅茶を飲むという方は、頻度を少なくしたり、飲んだあとはすぐ口をすすぐなどの対策を取った方が良いでしょう。

■カレーライスやオムライス
カレーは色素が強い食べ物という印象がありますが、オムライスは何が危険かというとケチャップなんです。カレーもケチャップも、服に着くとなかなか汚れが落ちないガンコものですよね。それだけ色素沈着しやすいということですから、歯の場合も同様です。量をつくりすぎて毎日カレーライスなんてことは避けた方がよさそうです。

■チョコレートやキャンディー
疲れていると甘いものが欲しくなりますが、チョコレートも色素汚れがつきやすい食べ物です。また、人工着色料を使用しているキャンディー類も注意が必要です。チョコレートとキャンディーどちらも、すぐに飲み込まず一定時間口の中においておくものですよね。やはり、口の中に長く残しておくものは着色もしやすくなります。

意外とできてない?口内の乾燥は避けよう

意外とできてない?口内の乾燥は避けよう

歯磨きを正しく丁寧にすること、食べ物や飲み物に気を付けること以外にも、日常でできるケアがあります。それが、お口の中の乾燥を防ぐというもの。お口の中が潤っている状態とは、唾液がしっかり分泌されている状態のことを指します。唾液には、歯の汚れを流してくれる自浄作用というものがあります。唾液がしっかりと分泌され口内に流れ出ることによって、歯についた着色汚れを落としてくれるのです。しかし、唾液がしっかりと分泌されず乾いた口内だと、汚れを落とすものがなく色素沈着してしまう可能性が高まります。口内が乾いているなと感じたら、食事の際に噛む回数を意識的に増やしたり、ガムを噛んで唾液の分泌を促してみましょう。

定期的なアフターケアは歯医者でのクリーニング

日々のセルフケアはもちろん大切ですが、アフターケアとしてしっかりとやっておきたいのが定期的なクリーニングです。正しい歯磨きをしていても、食べ物や飲み物に気を付けていても、完全に磨き残しのない状態にすることはとても難しいもの。しかし、磨き残しをそのままにしておくと歯は黄ばんでしまいます。そこで、数か月に1回の歯医者でのプロによるクリーニングです。磨き残しや歯垢、着色汚れを専用の機器できれいにしてもらうことができます。同時に、ホワイトニング後の歯の状態やその他虫歯や歯周病など口内全体の確認もしてもらえますから、自身の現状をしっかりと把握することができます。
万が一、少し黄ばんできたかも…と思ったら、追加でホワイトニング施術を受けることも可能です。残念ながら、一度のホワイトニング施術で白さが保たれるのは1年程度と言われています。白さを継続させたい、さらに白くしたい!ということであれば、年1回程度のホワイトニング施術を続けると良いでしょう。歯医者で行ういわゆるオフィスクリーニングの他にも、自宅で好きな時にできるホームクリーニングという手段もあります。オフィスクリーニング後、歯の色が気になりだしたらホームクリーニングで回復するというように使い分けてもいいですね。



お問い合わせ
池田会コラム
18年08月01日
歯茎が黒色や紫色になっていると不健康に見...続きを読む
18年07月15日
真っ白できれいな歯になれるホワイトニング...続きを読む
18年07月01日

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP