2018年06月15日 (金) 

子供の歯がぐらついた!生え変わり完了までの期間や注意したいトラブルは?

子供の歯がやっと生えそろったと思ったら、もう生え変わりの年頃に…!子供の成長は早いものですよね。乳歯から永久歯に生え変わる期間、子供の歯がぐらついていたり乳歯が抜けてもなかなか永久歯が生えてこなかったりと心配事も増えてしまいます。今回は、子供の歯について特に気になる、歯の抜け初めから生え変わりが完了するまでの期間に気を付けたいこと、予想されるトラブルについて池田歯科がご説明します。

子供の歯の生え変わりはいつから始まるの?

子供の歯の生え変わりはいつから始まるの?

もう既にお子さんの歯の生え変わりが始まっている方もいらっしゃると思いますが、乳歯から永久歯に生え変わり始めるのは6歳頃からと言われています。もちろん個人差がありますから、1~2年早まったり遅かったりすることもあるので安心してください。
順番としては下の前歯が初めに抜け、次に上の前歯、その後は前の歯から奥へと生え変わっていきます。生え変わりが完了するのは12歳~14歳くらいで、この頃には乳歯にはなかった奥歯も生え、大人の歯の本数と同じ数の歯が揃います。以降に生えてくる奥歯はいわゆる親知らずと呼ばれるもので、生えるか生えないかは人によって違います。
歯が生え変わるスピードや感覚は本当に人それぞれ違いますから、一定の期間を空けて抜ける子もいれば、数本が同時に抜ける子もいます。あまり神経質にならず、毎日の歯磨きチェックの際にお子さんの口内を観察して、特別おかしなところがなければじっくりと抜ける機会を待ちましょう。

生え変わりの時期に注意したいこと

なかなか乳歯が抜ける気配がない、乳歯が抜けたのに永久歯が生えてこないなど、生え変わりの時期には心配になることがたくさんあります。特に気を付けておきたい、子供の歯の仕組やトラブルについてご説明します。

■永久歯が生えてこない
乳歯が抜けたのに永久歯がなかなか生えてこないと、とても心配になりますよね。乳歯が抜けた後、永久歯が生えてくるまでは3ヶ月ほどかかると言われていますので、すぐに生えてこなくても心配はありません。人によっては半年かかる場合もあります。ただ、もしかすると永久歯がない場合も考えられますので、3ヶ月を過ぎても生えてこないようであれば、一度歯医者でレントゲン撮影をして確認することをおすすめします。

■乳歯が抜けない
12歳頃になっても乳歯が抜けないようであれば、こちらも永久歯がつくられていない可能性があります。人によっては成人後も乳歯のままという「大人乳歯」と呼ばれるものの可能性がありますから、こちらも歯医者で診察を受けてみましょう。生まれつき永久歯がつくられていない場合は、長期間の治療となってしまいますが治療に取り組むことが可能です。その際は歯医者と治療について相談されてください。

■乳歯の虫歯に要注意
乳歯はどうせ抜けてしまうから、虫歯でもそのまま放っておいて大丈夫?と思われるかもしれませんが、乳歯の虫歯もしっかりとケアする必要があります。乳歯の虫歯菌が次に生えてくる永久歯に移ってしまう可能性があるからです。歯自体は永久歯の方が丈夫ではあるものの、生えたての歯は表面がざらざらとしているので汚れがつきやすく、虫歯になりやすいと言われています。また、虫歯が悪化した乳歯をそのままにしておくと、生え変わりで抜ける際にうまく抜けず、歯茎に乳歯の一部が残ってしまうこともあります。

ぐらついている歯は抜いて大丈夫?

ぐらついている歯は抜いて大丈夫?

「あ!乳歯が抜けそうでぐらぐらしてる!」子供の歯を見ていると、ぐらぐらした歯を発見することも多いです。もう少しで取れそうだし、食事の時に口の中を傷つけてしまいそうだから取ってしまおうかな?とも思いますよね。
生え変わりの時期の乳歯は、放っておいても自然と抜け落ちるようになっているので特別抜いたりする必要はありません。ただ、歯並びや噛み合わせが悪い場合は、ぐらついているのになかなか抜けないということもあります。乳歯の歯根は意外としっかりとしているので、歯根がまだ埋まっている段階で力を込めて抜くことはやめましょう。歯茎を傷つける原因になってしまうことがありますし、もう少し時間がたつと自然に抜ける可能性が高いです。
歯茎とほんの少しだけつながっていて、今にも落ちそうという場合は、少しの力で抜けることがほとんどなので、抜いてしまって構いません。ただし、清潔なガーゼでしっかりと止血をしたり、歯を抜いた後はうがいをするなど衛生面に注意しましょう。
自分自身の経験があることながら、いざ子供の歯が生え変わり始めると少しひやひやしてしまいますよね。この状態は大丈夫なんだろうか?ほかの子よりも生え変わりが遅いのはいいのだろうか?など不安に思われることも多いと思います。こちらの記事を参考に、目安となる生え変わり時期と完了時期に合わせてお子さんの状態を日々観察してあげてください。きれいで丈夫な歯をつくるためにも、毎日の歯磨きといったケアもしっかりと見てあげてくださいね。

お問い合わせ
池田会コラム
18年08月01日
歯茎が黒色や紫色になっていると不健康に見...続きを読む
18年07月15日
真っ白できれいな歯になれるホワイトニング...続きを読む
18年07月01日

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP