2016年06月15日 (水) 

知覚過敏の人は市販の歯磨き粉で症状は良くなるの?

冷たいモノや甘いモノを食べたりすると、とにかく歯が沁みる……という方はいませんか。そうした症状は「知覚過敏」といいます。
つらい知覚過敏の症状を、歯磨き粉で和らげることは可能なのでしょうか。

歯を大事にしている人ほど知覚過敏になりやすい?!

歯を大事にしている人ほど知覚過敏になりやすい?!

知覚過敏だけでなく、虫歯、歯周病などの症状の多くが間違ったブラッシングによって引き起こされるといわれます。とくに、知覚過敏は力を込めて歯磨きを行った結果、エナメル質が徐々に削られて象牙質が露出し、そこにさまざまな刺激が加わることで痛みを引き起こします。そのため、日ごろから歯を大事にしている人ほど知覚過敏になりやすい、という指摘もあります。

歯磨き粉の使いすぎが知覚過敏を引き起こす

歯の表面が削れる理由のひとつに、歯磨き粉に含まれる研磨剤が考えられます。研磨剤は歯をツルツルにして白くするために配合されていますが、使いすぎると歯の表面を削り過ぎてしまいます。
知覚過敏を防ぐためにも、歯磨き粉は大量につけず、少量にとどめておくのもポイントです。歯が沁みるといった知覚過敏の症状を感じたら、歯磨き粉を使うのをやめるか、知覚過敏用の歯磨き粉として人気の「シュミテクト」のような研磨剤が入っていない歯磨き粉を使ってみましょう。

自己ケアに加えて、池田歯科・アリオ北砂歯科で定期的に診てもらおう

自己ケアに加えて、池田歯科・アリオ北砂歯科で定期的に診てもらおう

知覚過敏で痛いからといって、歯磨きをおろそかにすると、磨き残しができて歯垢が歯石になり、虫歯や歯周病を引き起こします。
知覚過敏のほか、虫歯や歯周病といった症状を予防するには、日ごろからの歯磨きケアのほかに、歯医者さんでの定期健診が有効です。自分では完璧な歯磨きができていると思っても、自己ケアで歯垢(プラーク)を完全に取り除く事は難しいですし、歯石になるとほぼ不可能です。歯科でプロフェッショナルによるケアを受ければ、歯周疾患の早期発見、早期治療につながり、不愉快な症状も改善することができます。

プロによる歯のクリーニングPTMCを試してみよう

歯科で行うPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は、歯科医師や歯科衛生士が特殊な器具を使って歯のクリーニングをしていきます。もしかしたら、歯医者さんでの歯石除去は痛いから嫌だ、という人もいるかもしれませんが、PMTCは気持ちがいい範囲でクリーニングをしていくので、心地よさにウトウトしてしまう人もいるほど。
虫歯や歯周病の予防にも効果的な上、PMTC後は歯の表面がツルツルして歯の輝きも増し、見た目にもプラスになります。ぜひ一度試してみてください。



お問い合わせ
池田会コラム
18年07月15日
真っ白できれいな歯になれるホワイトニング...続きを読む
18年07月01日
18年06月15日

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP