歯科矯正治療

歯並びが悪いと・・・

虫歯や歯周病になりやすい

歯が重なっている部分は十分に歯磨きをしにくいため、プラークや歯石が付きやすく、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

噛みにくい

正しく咬むことが難しいため、よく咬まずに飲み込む癖が付きやすくなってしまいます。
よく噛まずに飲み込むと、胃腸に大きな負担を与えます。

顎の成長、顔の形に影響する

顎の骨や顔の筋肉は正しく咬むことで発達します。
正しく咬むことができないと、顎が未発達になり、それが咬み合せをさらに悪化させるのです。
顎の形の悪さは、ゆがみとなって顔に表れます。

肩こりや筋肉痛になりやすい

咬み合せが悪いと、片側だけで咬むなど、悪い咬み癖がつきます。
咬む筋肉は首や肩の筋肉と連動していますので、偏った使い方をすると、片方の筋肉が硬直し、顔のゆがみの原因となってしまいます。
また、血管や神経が圧迫され、肩こりや首のこり、片頭痛、目の疲れなどの様々な症状の原因となっている場合もあります。

顎関節症になりやすい

顎関節症

このような、歯並び・咬み合わせの悪さからくる、顔や体のゆがみ・神経の圧迫・歯並びの悪さに対するコンプレックスなどが、ストレスにつながります。ストレスによって寝ているときの無意識の歯の食いしばりや歯ぎしり、偏った顎の筋肉の使い方によって顎の関節に無理な力を加えると、顎関節症になってしまいます。顎関節症とは、子どもや女性の間で増えています。顎関節症が進行すると、突然痛みを伴ったり、口が極端に開きにくくなったりします。また、片頭痛に悩まされる原因となる場合があります。

矯正治療の流れ

相談

相談

歯を見せていただきながら、患者さまの歯並びや咬み合せで気になっていることや、ご希望を聞いて、治療法についてカウンセリングを行います。
歯並び、咬み合せ、顎関節、全身との関係などについてご説明いたします。

検査

歯型をとり、模型を作成し、口の中と顔の写真を撮影します。

診断

Win Cephによる情報管理を行いながら、診断を行います。

診断

治療計画の説明

検査の結果をもとに、患者さまに適した治療計画を作成します。
治療方針や期間、費用や料金の支払い方法など、この段階で疑問に思うことはなんでもお聞きください。充分ご理解していただけるように説明いたします。最終的に、治療方法・期間などを決定します。

観察

発育期のお子様の場合、最適な治療時期の判断を待つ場合もあります。

装置の装着

はじめて装着する場合、しばらくの間、痛みや違和感を伴いますが、次第に軽くなります。
痛みが強い場合は、痛みを軽減する対応を行っていきます。
ブラケットを付けた状態の歯磨きは難しくなりますので、矯正治療中に虫歯や歯周病にならないための、歯磨きの指導も行っていきます。

歯の移動

治療期間は患者さまの顔の骨格や、症状の難易度によって大きく異なりますが、
永久歯が生えそろっている場合、治療期間はおよそ1~2年が目安です。3~4週間に1回程度の間隔で通院していただきます。子どもの矯正の場合、乳歯、永久歯が生えそろうまでの期間は、主に顎の成長を誘導していきます。

保定期間(1~2年)

保定期間(1~2年)

治療完了後、しばらくの間は、矯正した歯が元の状態にもどらないようにするために、保定装置を装着して、定期的に健診を行います。保定期間中は唇、舌の正しい使い方を取得して後戻りを防ぎます。また、正しい歯磨き方法を指導することによって、歯と歯茎の健康を保ちます。

保定後の管理

保定後も親知らずや虫歯、加齢的変化などの影響で咬み合せに変化が起こる可能性があります。患者さまが可能な限り、来院時に虫歯と咬合のチェックそして、管理を続けます。

矯正治療の症例

  1. 治療例はこちら
お問い合わせ
池田会コラム
16年08月15日
「審美歯科」という言葉をご存知ですか?日...続きを読む
16年08月01日
激しいスポーツをしていた場合や不慮の事故...続きを読む
16年07月15日
口のなかが乾く「ドライマウス」と呼ばれる...続きを読む

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック