マイクロスコープと歯科用CTを用いた精密治療

精密な歯科診療のために歯科用CTを導入しています。

歯科用CT完備!今まで見えなかったところが見えることで、より的確な診断が行えるようになりました。

歯科医療において日常的に歯や顎骨などの硬組織に対する診査・診断に際しては、一般的に歯科用(デンタル)X線診査とパノラマX線診査が用いられてきました。これらの装置は2次元的画像で診査・診断に限界がありました。2次元のレントゲン(歯科医院にある通常のレントゲン)では見えなかった事、分からなかった事が、歯科用CTなら正確な診査と診断ができ、安全性と治療のクオリティーを高めることが可能となります。
CTでの診査・診断はインプラント治療のみならず歯内療法、歯周病、親知らず、顎関節症等に威力を発揮します。

当院では、3Dの立体画像を得られる歯科用CTを導入することにより、見えなかった部分を容易に確認し、より歯科治療の精度を上げることができるようになりました。患者様のために、より正確で、より安全な検査・診断を行うことが、治療の確実性を高めます。

マイクロスコープ

これまでは手の感覚のみに頼っていた奥歯まで鮮明に見ながら治療ができます。

マイクロスコープを利用した高精度の歯科治療を実現。

近年の歯科治療では精密さを求められるようになってきています。マイクロスコープによる精密治療を行うことで肉眼の6~32倍程度に拡大して見ることができるため、より正確でより精密に、そしてより安全に質の高い治療を行うことが出来ます。
マイクロスコープは眼科、心臓外科、脳外科などでも常識のように使われており、アメリカでは既に1998年に歯の根管治療の専門医は、マイクロスコープを使うことが義務づけられています。
マイクロスコープによる治療は虫歯治療、根管治療、歯周病治療、口腔外科、口腔内診査等、いろいろな分野に応用することができます。当院では、マイクロスコープを使うことで、なるべく歯を削らない低侵襲で精度の高い治療をしています。
マイクロスコープを使った精密歯科治療をする場合、肉眼で見えない細かな部分まで治療を行いますので、より高度な精密治療が可能です。

マイクロスコープ

こんな方におすすめです

□ 同じ歯の、根の中の治療を何度も繰り返されている方
□ 歯茎を切るような処置までしたにも関わらず、歯周病がすっきり直っていない方
□ セラミックなどの被せもの歯茎との境目が黒ずんでいたり、合っていないような気がする方
□ 一生懸命歯磨きしているにもすぐに虫歯が再発する方
□ どんな治療されているのか、自分の歯の中の状態がどうなっているのか確認してみたい方

歯に関するご相談は、先端設備と最新機器導入の当院にお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
池田会コラム
17年09月15日
17年09月01日
出っ歯のように歯がデコボコしており、見た...続きを読む
17年08月15日
歯並びにも様々ありますが、今回は「過蓋咬...続きを読む

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP