インプラント

インプラント手術の流れ

相談

はじめに、患者さまと、インプラント治療についてのご相談とご説明を行ないます。

検査

次に、安全な治療をするための検査を行います。

1.既往症の検査
今までの歯科医療の経緯や歯を失った原因の検査。
2.現症の検査
現在の口の中や、骨の様子を診ます。
3.口腔内模型検査
口の中の型をとって石膏で模型を作り、顎の骨の状態、厚み歯肉の状態を調べます。
4.レントゲン検査
骨量、骨質、骨形態の予測をするために行ないます。

レントゲン検査の詳細

5.CT検査
CT検査ではより精密な診察を可能にします。

CT検査の詳細

6.内科的検査
インプラント治療に支障となるような病気や異常がないかの検査です。
7.術後の口腔内予測
適切な補綴物を作るためには、どこにインプラントを埋入するかを検討します。

診断

診査の結果を踏まえて治療の方針を決定し、期間、手術法、費用などご説明いたします。

CT検査の詳細

疑問に思うことは何でもお聞きください。
症例によっては、術前に骨造成術(GBR)、上顎洞挙上術(ソケットリフト、サイナスフロアエレベーション)など難症例にも対応できる体制をとっています。

手術

※以下は代表的なインプラント手術の流れです。
1回法では4.の過程が省略されます

インプラントと同じ大きさの穴を骨に形成

1.インプラントを顎の骨に植えるために、
歯茎を開きインプラントと同じ大きさの穴を骨に形成します。

インプラントをねじ込み、しっかりと固定

2.骨の穴にインプラントをねじ込み、しっかりと固定します。
そして歯茎を閉じます。

インプラントに力をかけずに、治癒を待つ

3.インプラントに力をかけずに、治癒を待ちます。
数ヶ月で骨とチタンが結合します。

人工歯を取り付けるための土台を連結

4.インプラントが骨と結合したら、人工歯を取り付けるための土台を連結し、歯茎から露出させます。これで歯茎の形を整えます。

型をとり、仮の歯を製作

5.お口の中の型をとり、あなたにあった仮の歯を製作します。
仮の歯でかみ合わせを調整し、歯茎の治癒を待ちます。

天然の歯と見分けのつかない人工歯をインプラントに装着

6.天然の歯と見分けのつかない人工歯をインプラントに装着し、
お手入れの仕方などを練習します。

メインテナンス

治療後は6ヶ月に一度、定期的に検査とメインテナンスを行ないます。インプラントを長持ちさせるためにもメインテナンスは大切です。

お問い合わせ
池田会コラム
17年07月01日
明るく白い歯は、顔の印象を明るくし見栄え...続きを読む
17年06月16日
歯を強くする栄養素といえば、カルシウムが...続きを読む

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP