インプラント

インプラントの寿命は?

インプラントは、基本的に「半永久的に持つ」とされていますが、術後のケアや状況によっても若干変わってきます。ただし、ブリッジや入れ歯に比べてば、一般的に圧倒的に長い対応年数を持っているといわれています。インプラントとよく比較される、入れ歯やブリッジの耐久年数は、入れ歯が5年、ブリッジが7年とされています。それに比べて、インプラントの場合、優れた環境で治療した場合には40年以上の対応年数となっているため、『寿命』という観点から考えれば、いかに優れているかは一目瞭然です。

また、インプラントは、入れ歯やブリッジに比べて高い成功率であることも知られています。入れ歯やブリッジは術後、10年では40~70パーセント程度しか、歯が残らないことに対して、インプラントは90~95パーセント程度の成功率となっているなど、長期的な安定感ということでは、抜群な治療法といえます。

ただし、インプラントの『寿命』についても、すべてのケースで長期間の対応年数となるとは限らず、次のようなケースで変動します。

・インプラントを埋入する顎の骨の状態
・歯科医師、技工士の技術的な問題や最適化の問題
・食生活・日常生活でのアフターケア
・感染症や術後の生活習慣病など持病の発生によるリスクの変動

上記の理由によって、必ずしもインプラントの『寿命』は安定しておらず、状況によっては、変動する可能性があることを押さえておくことが必要となります。出来るだけインプラントが長い対応年数となるようにするためには、術後の定期検診や日ごろのブラッシングやケアなどを十分にするなど、日々の健康管理に力を入れることが求められるといえます。

インプラントの寿命

お問い合わせ
池田会コラム
17年11月15日
17年11月01日
皆さんは歯が痛いと虫歯を疑いますよね。歯...続きを読む
17年10月15日
子供の成長は何事も個人差があるのは当然で...続きを読む

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP