インプラント

このような方にオススメです

歯を抜けたままにしておくとこのような影響が出るおそれもあります

歯を抜けたままにしておくとこのような影響が出るおそれもあります

インプラント治療なら、ほかの歯を傷つけません。ブリッジ治療をする場合、ブリッジの土台にするために虫歯がなくても隣在歯を削る必要があります。場合によっては、削るだけでなく神経を抜かなくてはならなくなります。神経を抜いた歯は健康な歯よりもろいので、ブリッジを長く使っているうちに歯根が割れてしまうことがあります。インプラント治療なら、隣の歯を傷つけることなく欠損した歯だけを治療することができます。

一番奥の歯を失い、ブリッジができない方

インプラント治療なら奥の歯を失っていても大丈夫です。ブリッジは、両隣に支えとなる歯がないと治療ができません。一番奥の歯を失った場合は部分入れ歯かインプラントのどちらかになります。たった一本の欠損に「入れ歯」を使うということに抵抗を感じる方にはインプラントがお勧めです。

入れ歯を取り外して清掃することにわずらわしさを感じる方

入れ歯を取り外して清掃することにわずらわしさを感じる方

インプラント治療なら外して清掃する必要はありません。入れ歯は食事のたびにお口から取って清掃しなくてはなりません。家族の前ですら、入れ歯をはずしているところを見られたくないという方は多くいらっしゃいます。清掃が不十分だと歯周病(歯槽膿漏)の原因となります。

入れ歯のバネが気になる方

入れ歯・ブリッジで必要になる金属製のバネは、ものを食べるとき・笑ったとき・話すときなどに目立ってしまいます。インプラントはバネを使わずセラミック製の見た目が自然な人工歯を使うため、見た目を気にする必要はありません。

入れ歯が合わず何度も作り直している方

インプラント治療ですとお食事も安心です。入れ歯は歯肉を圧迫するので、歯肉がどんどんやせていきます。歯肉がやせると入れ歯との間に隙間ができ、密着しにくくなりお食事中などに外れることがあります。

固い物が噛めず食事を楽しめない方

入れ歯をすると味や熱さが今までとは違った感じに感じられたり、硬いものなど好きなものが食べられなくなるケースが見られます。さらには、突然入れ歯がはずれたり、よだれが出てきたりと、外食をするのをためらうような事も多いと効きます。インプラントの場合、入れ歯と違って、味も今までと変わらずに食べられますし、熱さもはっきりと伝わります。さらに、完全に噛む事が出来ますので、硬いものも難なく食べる事が出来ます。咀嚼機能が正常に戻れば唾液も出るようになり、今まで以上に食事を美味しく食べる事が出来るでしょ う。

入れ歯でしゃべりにくい方

入れ歯を使い始めてすぐは、発音のしづらさを感じます。人前で話す機会の多い方や入れ歯が合わずに話しにくい方はインプラントにすることでスムーズな発音ができ、発音やしゃべり難さを気にすることなく会話ができるようになります。

お問い合わせ
池田会コラム
17年09月15日
17年09月01日
出っ歯のように歯がデコボコしており、見た...続きを読む
17年08月15日
歯並びにも様々ありますが、今回は「過蓋咬...続きを読む

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP