ICOIとは

ICOIとは

ICOI(International Congress of Oral Implantologists)は1972年に設立された国際的な口腔インプラント学会であり、本部は 米国ニュージャージー州に置かれています。すべての患者様によりよい歯科治療を提供するため、歯科医療従事者のインプラント教育に努めており、世界最大規 模のインプラント学術団体であると同時に、インプラントの継続教育を提供する最大の機関としての役割も果たしています。
会員は一般歯科医から口腔顎顔面外科医、歯周病専門医、補綴専門医、歯内療法専門医、歯科矯正医、歯科技工士、歯科衛生士、研究者、大学教員、歯学部生、卒後研修医,歯科業界の代表者など幅広い領域にわたっています。
ICOIは世界歯科連盟(FDI)の加盟団体です。

★質の高い教育
国際的なネットワークを生かし、的確かつ最新の歯科医療情報と研修の機会を会員に提供することで、世界最大のインプラント教育・研修機関としての役割も果たしています。

★世界標準のインプラント治療
ICOIに所属されている先生は、プロフェッショナルなインプラント治療を熟知し、臨床に生かしています。

ICOIの認定資格

ICOIは、経験や技術に応じて3種類の認定資格を授与しています。

★ICOI Fellowship(フェローシップ)

インプラント治療において一定の知識・技術を有しており、適切な診断と治療を行うことのできる歯科医師、歯科技工士です。

★IPS Mastership(マスターシップ)

補てつ治療を中心に行う歯科医師または、歯科技工士が取得している資格です。この資格取得にはFellowshipよりも高度な条件が求められます。

★ICOI Diplomate(ディプロマット)

補てつと外科治療を行う歯科医師を対象にしたICOIの最上位資格であり、より豊富な臨床経験と研鑽を積んでいる歯科医です。

各国に設置された資格審査委員会による世界標準の厳正な審査(書類・面接・英文筆記試験)を経て、インプラント治療の確かな手技や知識、豊富な経験を持った歯科医師・歯科医療従事者に授与されます。
すべての資格は3年ごとの更新制度があり、常に最新の情報に接するとともに技能の向上をはかり研鑽を積むことが義務付けられています。

当医院理事長池田寛はICOI役員であり、国際インプラント学会指導医です。
また、ICOIの最上位資格である“ICOI Diplomate”を取得しています。

 

ICOI のインパクトファクターが上昇し、1.404になりました。
世界で選ばれた82学会中の36位です。

インパクトファクター (impact factor, IF) は、自然科学・社会科学分野の学術雑誌を対象として、その雑誌の影響度を測る指標である。ユージン・ガーフィールド(英語版)が1955年に考案したもので、現在は毎年トムソン・ロイター(旧 ISI)の引用文献データベース Web of Science に収録されるデータを元に算出している。対象となる雑誌は、自然科学,900誌、社会科学1,700誌である。その数値は Journal Citation Reports(英語版) (JCR) のデータのひとつとして収録される。研究者や研究機関、および雑誌を評価する目的で参照される。(参考:Wikipedia)

お問い合わせ
池田会コラム
17年09月15日
17年09月01日
出っ歯のように歯がデコボコしており、見た...続きを読む
17年08月15日
歯並びにも様々ありますが、今回は「過蓋咬...続きを読む

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP