2017年08月15日 (火) 

「過蓋咬合」型の歯並びの特徴とデメリットについて

歯並びにも様々ありますが、今回は「過蓋咬合」型の歯並びの特徴とそれが引き起こすデメリットについて池田歯科がご紹介します。
ただ見栄えが悪いというだけにとどまらない様々なデメリットがありますので、是非知っておきましょう。

「過蓋咬合」型の歯並びの特徴

「過蓋咬合」型の歯並びの特徴

歯科などで歯医者さんから「過蓋咬合」という診断をされたことがある方もおられるでしょう。
「過蓋咬合」とは、「かがいこうごう」と読み、歯科で診断される悪い歯並びの一種です。別名「ディープバイト=深く噛む」という呼び方もされます。漢字の意味を読み解くと蓋が過ぎる、大きすぎる蓋という意味合いになります。これだけを見ても分かりにくいので、もう少し詳しく以下にご紹介していきます。
ではまずは歯科的に「過蓋咬合」とは、具体的にどのような特徴があるのかをご紹介します。

1.歯を閉じると前歯が深く噛みあわさってしまっている
2.下の歯が上の歯の下に隠れてしまう

上記の2つが見た目の大きな特徴です。
文字の説明の所でも少し触れたとおり、「過蓋咬合」は噛み合わせが深いという特徴があります。私たちの上下の歯のバランスは、正常な噛み合わせでは下の前歯は上の歯の3分の1~4分の1程度被さっているのがベストであるとされています。しかし、「過蓋咬合」だと、ほぼ下の歯が上の歯で覆われてしまっていることも少なくありません。つまり非常にアンバランスであることが分かります。

デメリット1「顎関節症を引き起こすリスク」

噛み合わせが深い「過蓋咬合」が引き起こすデメリットについて見ていきましょう。
まず1つ目は、あくびなど開口時にあごに痛みを感じたり、あごを開けた時にカクカクという異音を発したりする顎関節症を引き起こしてしまうリスクがあります。
これは「過蓋咬合」だと噛み合わせが深すぎることが大きく影響しています。そのことにより、顎の骨格はもちろん顎を支える筋肉にも非常に大きな負担を引き起こしてしまいます。
顎関節症になると、食事をするのに口を開けるのも辛いという症状が起こるなど、日常生活にも支障をきたすばかりでなく、進行すると痛みはさらに強く現れます。
また、顎関節症はストレスなどが原因によっても起こる症状ということになります。そこで、ストレスにより寝ている間に歯ぎしりをしていたり、関節が男性よりもしっかりしていない女性には特に注意が必要ということになります。

デメリット2「歯茎の腫れ、炎症」

デメリット2「歯茎の腫れ、炎症」

噛み合わせが深い「過蓋咬合」が引き起こすデメリットの2つ目は「歯茎の腫れ、炎症」です。
「過蓋咬合」になると、噛み合わせが非常に深くなるので、物を噛む際に、下の歯が上の顎の裏側に食い込んでしまうなど接触が増えてしまいます。口の中は非常にデリケートで粘膜も柔らかいため、何度も硬い歯と粘膜が接触するとダメージが大きくなるのです。
また食事をする際に、硬い食べ物などだと噛み切るのが難しくなり、何度も噛んでいるうちに同時に口の中も傷つけてしまい、赤く腫れたり炎症に繋がってしまいがちです。
また寝ているときに歯ぎしりなどをする方も歯茎に損傷を負ってしまいやすくなります。歯ぎしりの際は、通常の噛み合わせよりもさらに強い力が下の歯に加わります。その力に強さは、食事をする際の3~4倍とも言われ、朝起きると出血しているということも少なくありません。
「過蓋咬合」はこれらが原因で、「過蓋咬合」の症状は口内の腫れや炎症を引き起こす可能性大です。

デメリット3「前歯に起こる様々なデメリット」

噛み合わせが深い「過蓋咬合」が引き起こすデメリットの3つ目は「前歯に起こる症状」です。
まず1つ目は、前歯が虫歯になりやすいという点です。
通常、私たちの歯は口の中の唾液である程度湿っています。それによって口内に繁殖する雑菌の数を抑え、虫歯を防ぐという働きを持っているのです。
しかし、噛み合わせが深いことで前歯が前方に出てしまうと、その部分だけ乾燥が激しくなり唾液があまり付着していない状態となります。それにより虫歯になるリスクが増えるのも、「過蓋咬合」が抱えるデメリットです。
また、「過蓋咬合」であると、出っ歯のように前歯だけが飛び出て大きく見えるという見た目の悪さも生じます。特に女性の場合は、ニコッと笑った際に前歯だけが出て見えると見た目的にマイナスイメージを与えてしまいがちです。

デメリット4「虫歯などの治療後に起こるデメリット」

噛み合わせが深い「過蓋咬合」が引き起こすデメリットの4つ目は「虫歯などの治療後に起こるデメリット」です。
虫歯になり歯医者さんを訪れると、歯を削り、その後被せ物をするなどの治療をしてくれるものです。大抵の場合は、一度被せ物をすると長期間その状態が維持されているのが通常です。
しかし「過蓋咬合」の場合、上の歯と下の歯との噛み合わせが良くないことから、せっかく歯科で適正な治療をしてもらっていても、不均等に歯に力がかかってしまうのです。そうすることで、一定の歯だけに力がかかり過ぎることとなり、被せた詰め物が取れてしまったり、金属がだんだんとダメージを受け薄くなってしまうという残念な結果が生まれやすくなります。



お問い合わせ
池田会コラム
18年05月15日
18年05月01日
18年04月15日
多くの歯医者の研究によって、口の中の状態...続きを読む

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP