2017年08月1日 (火) 

歯茎は健康のバロメーター!歯茎と健康の切っても切れない関係…

歯を支えている歯茎の健康な状態はピンク色をしています。歯茎が健康であるということは、支えている歯や口腔内がきれいに保たれている証でもあります。ところが、加齢や口腔内の病気などで歯茎がうっ血したように赤く腫れあがってきたり、見るからに不健康な黒っぽい色へと変色してしまう方がいらっしゃいます。変色してしまうと、思いっきり口を開けて笑うことができないという悩みを抱えたり、どこか異常があって早く歯医者さんに行かなければと思う方もいらっしゃいます。いったい歯茎の色はどんな時に色が変わってしまうのでしょうか。今回は、そんな歯茎と健康の関係についてご紹介したいと思います。

歯茎はどうして変色してしまうの?

歯茎はどうして変色してしまうの?

歯茎は、肌の色が人それぞれ違うのと同じように個人差はありますが、大体きれいなピンク色をしています。しかし、生活習慣や健康状態によって歯茎の色は変化してくることがあります。歯茎の変色と密接に関わってくるのが血行です。歯茎の中には毛細血管があり、健康な状態では血流がスムーズでピンク色の状態になります。しかし、貧血や血行不良になると歯茎に十分な血量が届かなくなり、黒くなったり白っぽくなることがあります。そのため、歯茎の色が身体全体の健康のバロメーターになると言われています。
生活習慣でも歯茎の色は変化します。その代表的な例が喫煙です。タバコを吸うと煙に含まれるタールやニコチンなどの有害物質が歯茎に付着してしみ込んでしまうことがあります。また、タバコの煙に含まれる有害物質は歯茎の中の血管を収縮させる作用があり、タバコを吸うことで血流が悪くなるため、歯茎自体の健康にも悪影響を与えてしまいます。
タバコ以外にも虫歯などの歯科治療による原因で黒くなることもあります。歯の治療の際に使用される金属が唾液によって溶け出し、歯茎に染み込むとメタルタトゥーと呼ばれる着色をおこします。メタルタトゥーは、健康な歯や歯茎であればほぼ起こることはないのですが、治療を行っている歯周辺の歯茎が歯肉炎や歯周病などで炎症していると起こることがあります。

歯茎が真っ赤に変色して腫れて血が出てきたときは、歯ブラシは控えた方が良い?

歯茎の色が炎症したように赤くなることがあります。これは歯茎が細菌と戦っているサインです。人間の身体は、細菌などが身体に侵入しようとすると血液に含まれる白血球が細菌と戦ってそれを防ぎます。その際、毛細血管が膨れて赤く腫れあがります。歯茎も同様で、歯茎に細菌が付着すると、細菌と戦うために歯茎の毛細血管が赤く腫れあがってきます。
この状態で歯ブラシを歯茎にあてると出血を伴うことがあります。歯茎から血が出るから歯ブラシしない方が良いのでは?と思う方もいらっしゃいます。しかしそれは逆で、歯磨きをして歯茎の周りの細菌を取り除いてあげなければいけないので、出血した場合には周りの歯茎を優しくブラッシングしてください。

歯茎の色をきれいなピンク色に保つにはどうしたら良いの?

歯茎の色をきれいなピンク色に保つにはどうしたら良いの?

歯茎の健康なピンク色をキープするためには、お口の中をきれいにしておくことが大切です。そのため、歯ブラシは毎日必ず行いましょう。食後や寝る前に歯磨きをして、歯茎に細菌が付着しないようにすることが大切です。また歯ブラシが届かない、歯と歯の狭い隙間を掃除するにデンタルフロスを使うと良いでしょう。
生活習慣も歯茎の健康に影響してきます。特に血行が悪くなる原因として、疲労や免疫力の低下があります。寝不足や不規則な生活をしていると貧血を起き、免疫力が低下すると歯茎が腫れあがることがあります。体調を乱したり、ストレスをため込まないように、生活リズムを整えていくことも歯茎の健康を保つためには大切です。そして、前述したように、喫煙は歯茎の健康に悪影響をもたらします。歯茎の色が気になる人はタバコを吸わないようにすることが一番効果的な方法です。もちろん、喫煙は歯茎だけでなく身体全体の健康にも影響してきますので控えることで健康維持にもつながります。
また、呼吸法も歯茎に影響を与えるものの一つです。口呼吸をしている人は、口から細菌が侵入して歯茎に付着しやすくなるだけでなく、歯茎が乾燥してしまいます。そのため、歯茎の炎症が起こりやすくなり、歯茎が赤く腫れあがる原因にもなります。歯茎の色や健康を保つために、口呼吸をせずに、鼻呼吸をするように心がけてみてください。

歯茎の発する危険信号を見逃さずに!

歯茎の変色は必ずしも病気のサインであるとは限りませんが、口腔内や全身の病気のサインになるケースもあります。単に歯茎が腫れているだけだと甘く考えていると、思わぬ病気に罹ることがあるので、歯茎に異常がある人は歯科検診を受けてみると良いかもしれません。特に、普段から不規則な生活を続けている人は、免疫力が下がっていて口腔内の病気にも罹りやすくなっているので、歯茎が健康であるかをチェックして大きな病気の予防につなげましょう。


お問い合わせ
池田会コラム
17年12月15日
痛い虫歯、嫌ですよね。虫歯になった、とい...続きを読む
17年12月01日
17年11月15日

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP