2017年05月1日 (月) 
顎関節症は自分で治せるの?放っておくとどうなる?

口を開けると顎がカクカク鳴る、口を大きく開けられない、などの症状はありながら、顎関節症を自覚している人はそう多くはないかもしれません。さらに、自覚があるのにも関わらず、「顎関節症になっても、そんなに問題がない」と顎関節症の治療を行うために歯医者さんへ行く人はあまりいないのが現状です。では顎関節症を放っておくとどうなるのでしょうか。また、顎関節症は自分で治すことが出来るのでしょうか。

顎関節症の症状とは?

顎関節症の症状とは?

顎関節症の症状にはいくつかあります。あなたは当てはまりますか?

■顎が痛む
口を大きく開けた時や食べ物を噛んだ時に顎が痛くなる。

■口が大きく開かない
人差し指、中指、薬指を閉じて縦にした状態で入らない。

■顎を動かした時の音
顎を動かした時に耳の前あたりが「カクカク」「ミシミシ」となる。

■噛み合わせに違和感がある
噛みみ合わせが変化した、あるいは顎の動きが変化した。

■口を閉じることが出来ない
口を閉じた時に上下の唇もしくは歯が当たらない。

以上の症状がひとつでも当てはまると顎関節症の可能性は高いと言えます。

顎関節症を放っておくとどうなるの?

顎関節症の初期症状は、あまり生活に支障をきたすことがないことから、治療を行うまでに至らない人が多いです。また、顎関節症の初期症状が出たとしても数日で症状が治まったり顎関節症であると気が付かない場合もあります。しかし顎関節症を放っておくと、食事や会話などの日常生活に支障をきたし、顔の変形がみられることもあります。このような症状が出てくると手術を行う必要がでてくる場合もあるため、簡単な治療では済まなくなってしまいます。

顎関節症で起こる様々な症状

顎関節症で起こる様々な症状

顎関節症は食事や会話など口を動かす動作はもちろんのこと、全身にまで影響を及ぼします。顎のバランスが悪くなると、身体はバランスの崩れた部分を補おうとして首や腰などの関節が歪んでしまい全身のコリや怠さに繋がってしまいます。顎関節症になると顎からくる症状によって身体はストレスを感じてしまい自律神経が乱れてしまいます。

顎関節症は自分で治せるの?

残念ながら顎関節症は自分では治すことが出来ず、歯医者さんで治す必要があります。しかし日常で出来る顎関節症の症状を悪化させない方法があります。それは顎から頬にかけてのマッサージです。耳の前にある顎関節に人差し指、中指、薬指を添えて口を開け閉めする方法です。このマッサージは顎関節症の治療法のひとつとして歯科でも行われる方法です。顎関節症の疑いがある場合は池田歯科へ相談しましょう。


お問い合わせ
池田会コラム
17年05月15日
歯周病は自覚症状があまりなく、歯周病にな...続きを読む
17年05月01日
口を開けると顎がカクカク鳴る、口を大きく...続きを読む
17年04月15日
<「歯をたくさん入れる」→「総入れ歯」と...続きを読む

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP