2017年04月15日 (土) 
歯が1本もない人でもインプラントは出来るのか?

<「歯をたくさん入れる」→「総入れ歯」というイメージはもう古い!>
これまで多くの歯を失っているという方に向けた治療方法としては、入れ歯というイメージが強かったと思います。しかし、入れ歯には、固いものが噛めない、会話中に動いてしまう、違和感がある、取り外して掃除しなければならない、などのデメリットが多いことから、インプラントに対するニーズがますます高まっていることは事実です。それでは現在のインプラント手術は、歯が1本もない人に対しても対応できるものなのでしょうか。今回はその点についてご説明していきます。

総インプラントという選択肢

総インプラントという選択肢

結論から言えば、歯が1本もない場合でも、全ての歯をインプラントにするということはできます。ですが何本も歯を入れるということ自体、体力的にも施術期間的にもかなりかかってしまうため、オールオン4での治療が推奨されています。オールオン4は、4本のインプラントで最大12本の歯を支えることができるようになる治療法です。歯が1本もない場合でも比較的体力への影響も少なく、全ての歯を生まれ変わらせることができるようになるのです。

治療費について

また、数本歯が残っているという場合、それらを抜いて、全てインプラントにするという方が、健康面でも治療費の面でもいいということを覚えておきましょう。例えば、歯がなくなってしまった原因が歯周病であれば、残っている歯も歯周病にかかっている可能性があります。施術した後に、その歯に対してのみ歯周病対策や、最悪の場合は施術のやり直しなどが発生してしまったら大変です。数本歯が残っているという場合、その歯が一生残せるものかどうかということを歯医者さんにしっかりと確認して、あとで治療のやり直しなどがないという確約を得た方がよいでしょう。

覚えておくべきオールオン4のデメリット

覚えておくべきオールオン4のデメリット

ただ、4本のインプラントで全ての歯を支えるために、当然ながら一本当たりに係る負担は大きくなります。負担がかかりすぎると、歯や歯茎を傷つける恐れがあるので、このリスクは認識しておきましょう。

歯を取り戻すことのメリット

ともあれ、歯がないことは、いくつもの弊害を引き起こします。おいしいものをおいしく感じられない、見た目が悪くなる、奥歯がない場合は噛み合わせが悪くなり、顔の形も変わってくるなどなど。歯を取り戻し、噛む感覚を大切にすれば、いろいろなメリットが享受できます。入れ歯にも保険で適応できるなど、メリットもありますので、自分の状況と照らし合わせながら、最適な方法で歯を取り戻しましょう。


>「インプラント」についてもっと詳しく見る

お問い合わせ
池田会コラム
17年04月15日
<「歯をたくさん入れる」→「総入れ歯」と...続きを読む
17年04月01日
ひと昔前までは「歯列矯正=子どもが行うも...続きを読む
17年03月16日
ここ数年、「予防歯科」という言葉をよく耳...続きを読む

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP