2017年03月16日 (木) 
予防歯科は虫歯を治す?それとも予防するだけ?

ここ数年、「予防歯科」という言葉をよく耳にするようになりましたね。虫歯や歯周病になってしまった歯を治すということ以前に、虫歯や歯周病などのお口や歯のトラブルにならないよう日頃からケアにつとめるという意識が広まってきています。さて、よく言われるようになった予防歯科ですが、予防歯科の取り組みを徹底していれば、現在進行中の虫歯も撃退することができるのでしょうか。それとも、予防歯科というのですからやはりトラブルの予防に特化したものなのでしょうか。

予防歯科の考え方を知ろう

予防歯科の考え方を知ろう

予防歯科で虫歯を治せるのか考える前に、まずは予防歯科の考え方について理解しておきましょう。予防歯科とは、健康な歯を健康なままに保つこと、虫歯や歯周病になる前の段階でしっかりとケアを行っておくことで、トラブルを未然に防ぐことを大きな目的としています。ですから、お口や歯に何のトラブルがなくとも、毎日のブラッシングやデンタルリンスなどのセルフケアであったり、歯医者さんで定期的に歯科検診を受けて状態を観察していくということや、トラブルが起きないような施術をすることが予防歯科の取り組みといえます。虫歯や歯周病などのお口や歯のトラブルは、一度発症してしまうとなかなか治るものではありませんし、歯を削ったり抜いたりしなければ対処できないものでもあります。また、発症の初期段階では気が付きにくく、処置が遅れてしまう場合も多いです。そんな事態にならないためにも、予防歯科は大変重要です。

予防歯科で虫歯は治せるかどうか

率直にお伝えすると、予防歯科をしているからといって元々ある虫歯はほぼ治りません。現在の歯科治療技術では、虫歯になった歯を元通りの姿に戻すことは難しいのです。虫歯部分を削って虫歯菌を除去し、削った部分に詰め物やかぶせ物をするという治療方法が用いられます。削らなければならないほど進行してしまった虫歯は、丁寧に磨いていても完全に良くなることはまずありません。
しかし一方で、初期段階の虫歯の進行を食い止めるという意味では、予防歯科は大きな効果が期待できます。虫歯菌が繁殖して症状が進行し歯に穴をあけたりしてしまう前に、虫歯菌の繁殖を防ぐことができれば、歯を削らなくても良い状態で保っていくことは可能です。予防歯科は、虫歯そのものを完全に治すことは難しいですが、虫歯になりかけている歯については虫歯菌の繁殖を防ぎ、虫歯の進行を未然に防ぐことができるというわけなのです。

虫歯にならないのが第一、第二は進行を食い止めること

歯の健康を考える上では、もちろん虫歯にならないことが一番良いことです。毎日丁寧に、正しい方法でブラッシングをし、プラスアルファとしてデンタルフロスで歯と歯のすき間の汚れを落とし、最後に仕上げとしてデンタルリンスでお口の中の細菌の繁殖を防ぎます。自分自身でできるオーラルケアは大体がこの3ステップでしょう。このセルフケアと並行して、歯医者さんでの予防歯科を定期的に受けます。歯医者さんでは、3ヶ月~半年ごとの定期歯科検診の際にお口の中の歯石の除去を行いますし、歯1本1本の状態や歯茎の状態もチェックします。日々のセルフケアがしっかりできているかここで確認するというわけです。もし状態が思わしくない歯があれば、悪化しないように早期に治療することができますし、必要であれば正しいブラッシング方法の指導や、どの歯を入念にケアすべきかも指導します。虫歯にならないこと、歯周病にならないことが一番良い状態ではあるものの、少し危険な歯について早期に発見し症状がそれ以上悪化しないように注意して日々のケアを行うことも、予防歯科で大切な考えです。超初期段階で病状の進行を食い止め、その後の状態を一定に保つということは、予防歯科の第二の目的ともいえるでしょう。

「治す」ことはできないけれど…

「治す」ことはできないけれど…

予防歯科は、残念ながら進行してしまった虫歯を完全に治すことはできません。ですが、「治らないならする意味がない」というのではなく、症状の進行を食い止めてできるだけ歯を傷つけないような治療をする(虫歯であれば、歯を削らなければいけなくなる状態にしないなど)といった、歯に優しい治療が検討できます。虫歯が進行してしまうと、どうしても歯を削って治療する必要がでてくるので、歯にとっては負担になります。また、詰め物や被せものをすることも、口の中に異物を入れるわけですから、少なからず他の歯や歯周組織に負担がかかります。こういった負担を軽減するためにも、予防歯科であらかじめ進行を防ぐことが大切なのです。

予防歯科の考え方、特に虫歯に対してどのような効果が期待できるのかお分かりいただけたでしょうか。虫歯を治すことはできないけれど、初期段階で進行を食い止めることは可能です。毎日のブラッシングを正しく丁寧に、定期的な歯科検診の受診を忘れずに、このようなコツコツとした取り組みを行うことで、予防歯科の効果は各段に高まります。

お問い合わせ
池田会コラム
17年07月01日
明るく白い歯は、顔の印象を明るくし見栄え...続きを読む
17年06月16日
歯を強くする栄養素といえば、カルシウムが...続きを読む

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP