2016年08月1日 (月) 

歯を失った時の義歯を利用した治療法と費用の相場

激しいスポーツをしていた場合や不慮の事故、あるいは重度の歯周病などで、若い人でも歯を失うことはあります。
歯並びは外見を大きく左右するばかりでなく、食べ物の消化や言葉の発音などにも影響します。そのため、歯を失った場合は、人工の歯(義歯)で補う治療をすることが一般的です。今回は、義歯を使ったさまざまな治療法や費用感について紹介します。

保険適用と自費治療で義歯の治療は大きく異なる

保険適用と自費治療で義歯の治療は大きく異なる

まず、大きく分けて義歯には、取り外しができるタイプ(いわゆる入れ歯)と、インプラントのように直接骨に埋め込んで取り外せないようにするタイプがあります。
また、義歯による治療は、健康保険の適用となるか健康保険を適用せず全額自費負担となるかでも、治療法や義歯に使用する材料が大きくことなります。
保険の義歯は、自分の歯の代わりとなる人工歯と、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の床(しょう)素材は、プラスチック(レジン)、部分入れ歯のクラスプ(留め具)は、金属と決められています。保険適用の場合、総入れ歯なら1万円前後、部分入れ歯なら5000円~1万数千円程度が相場のようです。
保険適用の義歯の目的は「噛む機能を取り戻すこと」です。そのため、費用は安いですが審美的な観点や、患者さんの装着感を向上するための構造や素材の工夫などは不足しているといわざるを得ません。
自費治療の義歯の場合、素材や制作方法をより幅広い選択肢から選ぶことができます。たとえば、部分入れ歯であれば自分の歯にひっかけるクリスプを金属ではなく白いものにする、クリスプのないタイプにするなどすれば、より目立たず自然な見た目になります。人工歯も、天然の歯に近い色や光沢のあるセラミックを使用すれば、よりナチュラルな見た目を取り戻せます。ただし、自費治療の場合、数十万円単位で費用がかかるのがネックです。

密なコミュニケーションが満足いく義歯づくりをサポート

密なコミュニケーションが満足いく義歯づくりをサポート

保険適用にするか、自費治療にするかは、患者さんの歯の状態や希望、治療方針によっても異なります。義歯を使った治療を始める前には、歯科でカウンセリングと検査があるはずです。その際に、歯医者さんときちんと話し合い、費用の見積もりを出してもらうようにしましょう。自費治療で歯科ローンが利用可能な場合は、そうした支払い手段についても話し合います。また、疑問点や治療にあたっての不安などがあれば、クリアにしておくことが大切です。こうした綿密なコミュニケーションが、満足のいく義歯づくりにつながるのです。

>「インプラント」についてもっと詳しく見る

お問い合わせ
池田会コラム
17年12月15日
痛い虫歯、嫌ですよね。虫歯になった、とい...続きを読む
17年12月01日
17年11月15日

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP