2016年01月6日 (水) 

インプラント手術前日までに心がけておきたいこと

インプラント手術前日までに心がけておきたいこと

インプラント手術は一般的になりつつあるとはいえ、あごの骨を削って金属のネジを埋め込むというもので、埋め込むインプラントの本数によっては大がかりな手術になることも。
インプラント手術を受ける際に、前日までにしておくべきこと、手術に向けた心構えについてお知らせします。

深酒、疲労、寝不足……などの悪い生活習慣は避ける

深酒、疲労、寝不足……などの悪い生活習慣は避ける

インプラント手術前日には、深酒や過度の疲労がたまるような無理なことはせず、できるだけ安静にして体力を温存しておきます。体調が悪いと、術後の傷の治りが悪くなったり、手術中に思わぬトラブルを引き起こしたりします。
また風邪をひいて鼻がつまっていると、口を大きくあけて手術をうける際に、呼吸が苦しくなるかもしれません。また、せき込むと手術が困難になったり、唾液がインプラントに付着して、結合がしにくくなったりする可能性もあります。歯科医師に早めに相談しておきましょう。
手術のことを考えると眠れなくなるかもしれませんが、できるだけ早めに就寝し、寝不足にならないようにしておきたいですね。

インプラント手術を機に、タバコとさよならしよう

タバコを吸っていると、歯茎の毛細血管が収縮して血液の循環が悪くなり、手術で縫合した傷口の治りが悪くなりますし、インプラントとあごの骨の接合も悪くなります。
もともと歯周病に感染している患者さんは別としても、それ以外の原因でインプラント手術がうまくいかない原因のほとんどが喫煙にあるとされており、喫煙者のインプラント失敗比率は非喫煙者の2倍ともいわれているほどです。
また、歯周病が原因で天然歯を失い、インプラントをすることになったという方も多いことでしょう。タバコを吸っていると、口内に細菌が繁殖しやすく、毛細血管の働きも悪くなるので、歯周病になりやすくなります。「喫煙者の歯周病治療は無意味」と言い切る歯科医もいるほどです。
お金をかけてインプラント手術を受けることになった原因はなんなのかを根本的に考えて、つらいかもしれませんが手術を機にタバコとはお別れしましょう。

書類やお金などを忘れずに

書類やお金などを忘れずに

手術の同意書や緊急連絡先など、手術にあたって歯科医院に提出すべき書類がある場合、また病院からのサインが必要な書類などは、前日の夜までに揃えておき、忘れ物がないか今一度チェックしましょう。
手術後に歯科医院で支払いが必要な場合は、現金やクレジットカードも忘れずに持参するようにします。

>「インプラント」についてもっと詳しく見る

お問い合わせ
池田会コラム
17年12月15日
痛い虫歯、嫌ですよね。虫歯になった、とい...続きを読む
17年12月01日
17年11月15日

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP