バクテリアセラピー

バクテリアセラピーとは?

バクテリアセラピーとは

バクテリアセラピーとは、善玉菌の力を利用して病気の治療や予防を行う、ヨーロッパで生まれた新しい医療技術のことです。優れた善玉菌を摂取することにより、体の中にいる菌のバランスを整え、体質を変えていく細菌療法で、すでに世界63の国と地域の医療機関で導入されています。
もともとヒトの体に住んでいる善玉菌を摂取しますので、副作用などの心配のない、体に優しい治療法です。通常の歯科治療やメンテナンスに加えて、善玉菌を摂取していただくだけで、お口の中や体全体が健康になっていきます。

バクテリアセラピーの利点は?

バクテリアセラピーの最大の利点は、新生児から高齢者、妊娠中の方や免疫不全の方まで安心してご利用いただける高い安全性です。有益性が科学的に証明されている天然の善玉菌を使用しますので、薬剤治療のような副作用の恐れが一切ありません。そのため、抗生物質などの服用ができない妊娠中の方や、新生児、高齢者、免疫不全の方でも安心してご利用いただけます。また、体内に入って定住した善玉菌はそこで繁殖したりしますので、お薬と違って持続的な効果が期待できます。

バクテリアセラピーの効果

虫歯の原因菌を減らします

2週間連続摂取することで、虫歯の原因菌が約80%減少します。

歯周病の原因菌を減らします

歯科医院での専門的なケアとの組み合わせで、効果は倍増します。歯周病菌が約90%減少します。

口臭を減らします

1週間ほどの摂取で起床時のお口の不快感(ベタベタ感など)の軽減、口臭が気にならなくなったと実感されています。

胃のピロリ菌を減らします

30日摂取後、胃炎の症状が軽減、約60%の方はピロリ菌が消滅。

アレルギー症状を軽減します

アトピー性皮膚炎の湿疹の表面積・かゆみ、花粉症の症状が軽減します。1年で約57%湿疹面積減少。

バクテリアセラピーの弱点は?

天然の生きた善玉菌の力を利用する技術なので安全・安心な反面、薬剤のような即効性はありません。医学的に一定の効果が表れるまでに早い場合で3~4日、長い場合だと4~6週間程度は継続して摂取する必要があります。これは、善玉菌が体内に入った後で定住・増殖し、一定の働きを見せてくれるレベルにまで達するのに、一定の時間が必要だからです。
ただし、近年の研究では医薬品と同等の早さで同レベルの効果を発揮する菌も見つかっています。

善玉菌ならなんでもいいの?

善玉菌ならなんでもいいの?

一般的には善玉菌は何でも体に良いと思われていますがそうではありません。
例えば整腸作用があるとされている乳酸菌のほとんどは歯周病や虫歯を悪化させます。
また、免疫に良いとされている乳酸菌やビフィズス菌の多くは、胃がんや胃潰瘍の原因になるピロリ菌を増殖させます。
市販品のサプリメントや乳製品は、特定の部位に対する効果効能ばかりを強調していますが、実はその一方で他の部位の疾患を悪化させる場合もあるのです。

ですから、医療レベルでの善玉菌の使用には、体のあらゆる部位の疾患に対しても絶対に安全であることが証明されているものを選ばなければなりません。

安全な善玉菌、L.ロイテリ菌とは?

L.ロイテリ菌は、世界で最も厳しい安全証明試験であるアメリカ合衆国食品・薬務局(FDA)の安全証明書(GRAS)を取得しており、どのような既往症のある患者様にも安心してお使いいただける唯一の善玉菌です。L.ロイテリ菌は、ヒトの母乳・口腔由来の乳酸菌で、初乳とともに赤ちゃんの体内に入って定住し、免疫システム、整腸、病原菌・ウィルスの駆除などに非常に幅広い役割を担っている、人間の体を守る基本の力となる特別な善玉菌です。

バクテリアセラピーはこんな方におすすめです

高齢者の方

このような方にオススメです

50代以降の方の実に70%以上が、胃潰瘍や胃癌の原因となるピロリ菌の保有者だといわれています。
バクテリアセラピーと胃酸抑制剤を30日間併用することで、6割の方のピロリ菌が完全消滅しました。

アトピー性皮膚炎の方

1年間で湿疹面積が57%減った、アトピーの発症リスクも1/3に低減したという報告があります。

便秘気味の方

便秘気味の方

99%の方が4週目で便秘改善したと報告されています。

風邪をひきやすい方

幼児に対する3ヶ月間の観測において、呼吸器感染疾患の発症が37%、発熱が80%、下痢の発症が75%抑制されたと報告されています。

妊娠中や授乳中の方

妊娠中や授乳中の方

母乳中の免疫成分が増加し、アレルギー誘発物質が減少したというデータがあります。お子さまが過敏症になるリスクは明らかに低減しています。

お問い合わせ
池田会コラム
17年04月15日
<「歯をたくさん入れる」→「総入れ歯」と...続きを読む
17年04月01日
ひと昔前までは「歯列矯正=子どもが行うも...続きを読む
17年03月16日
ここ数年、「予防歯科」という言葉をよく耳...続きを読む

コラムを全て見る

インプラント治療についてくわしく知る

  1. インプラントとは?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. 静脈内鎮静法
  9. アフターケア

歯科矯正治療について

  • マウスピース矯正
  • 目立たない矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 舌側矯正

医療法人池田会

池田歯科クリニック

アリオ北砂歯科クリニック

PAGE
TOP